生きることと死ぬこと〜ゴリポンの働いてきた現場から〜

お疲れ様です!ゴリポンです!!

 

今回、自分の所属している西野さんのコミュニティThe Arthにて、同じテーマでの記事を書く機会があり、今回のテーマを考えてみたいと思います!

 

臨床の中で、生と死について考えることは多いです。皆さんもそのテーマについて改めて考えるきっかけになればと思います。

 

 

「死ぬこと」について

 

「あぁ〜今日も腰が痛いわぁ、もうこんな痛いなら死んだほうがマシやわぁ」

 

 

自分は介護保険を利用して、通いでリハビリを行うデイケアに勤めています。

 

リハビリを行う際、よく問診(その日のリハビリを行う前に調子はどうか、身体の不調はないかを確認する作業です。)を行うのですが、この様な「死んだほうがマシ」という訴えをよく聞きます。

 

 

自分はこれを聞くと少し安心します。

 

何故かと言うと、これを訴えて実際にすぐに亡くなった方を見たことがないからです。

 

 

科学的な根拠があるからこんな事を言っているわけでは決してないのですが、経験上これを言う人はまだまだ元気だなぁ、となんとなく感じます。

 

 

臨床の中で今までいろいろな死を見てきました。

 

 

 

然の死

以前担当していた訪問リハビリでの利用者さんの話ですが、その方は神経難病で生活のすべてに介助が必要な方でした。

転倒も多く、奥様と環境設定や、転倒予防に向けた取り組みを積極的に行っていました。

自分が訪問リハから部署移動し、引き継いだ後も、通所デイケアに来られていたのでリハビリを実施していました。

 

自分との介助歩行を気に入っていて(リハビリとしてはあまりいことではないかと思いますが)自分も一緒に歩行ができることを喜んでいました。

 

 

しかし、心疾患で突然お亡くなりになりました。

お悔やみの際、奥様から感謝の言葉を言われた時、一緒に泣いたことをふと思い出す時があります。

 

 

 

養に出向になった時の話

一時期、特養に3ヶ月間出向になったことがあるのですが、その時にいろいろな「死」を経験しました。

 

看取りという形で、酸素吸入を行っていましたが、全身状態が悪く、ご家族と話し合い、酸素吸入を外すことになった方を見ました。

 

もう死を待っている状態なんだなーと思うと、何かしないと後悔しそうで、よく部屋を見に行き、少しでも負担が減るようにポジショニングや、リラクゼーションを行ったりしていました。そんな経験や、

 

全身拘縮で立つこともできなくて、認知症でお話ししていることもわからない、体調が悪くて「殺して、殺して・・」と泣きながら訴える人に向けて関節拘縮予防を行っていた時は、自分は一体何のためにリハビリをしているんだろうと本当につらかったことを思い出します。

 

 

そんないろいろな死を見てきて思うことは「その人の生き甲斐をどれだけ引き出せているか?」です。

 

 

 

生きることについて

役割(やくわり)又は社会的役割(しゃかいてきやくわり)は社会的な状況で行為者によって概念化される1セットに結合した振る舞い権利義務のこと(すなわち期待され学習される行動様式)である。

 

責任(せきにん、: responsibility/liability)とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。

 

 

 

自分は生きることを継続するためには、「役割」「責任」などの言葉が必要だと感じています。

 

 

  • 地域のゲートボール大会に参加するために運動頑張る!
  • 東京にいるお孫さんに会いに行くために歩くねん!
  • 家族に迷惑をかけないように、自分でご飯作って1人で頑張っています!!

 

 

などなど、人間は色々な役割や、責任があることによって生活を維持していると個人的に思います。

 

介助をしてもらうことになり、自分の行動に責任が持てなくなったり、

生きていく、生活していくことを放棄して、責任から逃げる、など役割や、責任がなくなることはものすごく怖いことだと感じています。

 

今後もリハビリ職として、セラピストとして、患者さんの生活の「役割」を作る、自分の行動に「責任を持ってもらう」ことを促せるように、声かけやコミュニケーションを行いたいと思います!

 

 

自分も、年を取っても自分の行動に「責任」を持ち、常に「役割」があるようなおじいちゃんになりたいなーと思います。

以上です!

 

 

 

Arthのメンバーみんなで、同じテーマで記事を書いてます。(自分以外noteの記事です!笑)

是非みてください!

 

こちらから!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。