症例検討をブログに書いて学んだ話。

お疲れ様です!ゴリポンです!

今回は、自分がブログで症例検討(ズタボロ)の内容をブログにあげた結果、反響が帰ってきて、新たな発見が多かったことをブログに書いて行きたいと思います!

前回あげた内容ですが、自分は臨床で悩んだら考えをあげて行くように心がけたいと思っています!

継続の意思も含め、書いて行きます!

前回あげた内容!

現在、デイケアでの個別リハビリを実施しているのですが、そのなかで悩んでいることがあり、職場内で相談し、アドバイスをもらいました。

業務終了後、帰り道でどんな記事を書こうか考えているときに、職場内で相談した内容が思いつき、以前の職場でも同じような経験をしての自分の考え方と、今回アドバイスをもらって、他のみんなはどう考えるのかな・・と感じて、ブログを書いてみることにしました。

ブログをあげたときの反響・学んだこと、生かし方

まず、LINE@で、自分のことを友達申請してくれていた方から連絡がありました!

その際には、

他の歩行器を試さなかったのか

その方が実際に悩んだ内容について、見た目重視の内容や、他の症例の歩行器の使用方法を踏まえてさまざまなご意見交換をさせていただきました。

また、別で福祉用具の業者さんとどう交流するかなどの内容を話ししました!自分がLINE@を始めて初のやりとりだったので、とても貴重な経験でした!

次にこんな質問!

そして、アースのSlack内で怪物PT喜多さんから、連絡がありました。

「表現の方法として個人の情報につながるような方法は避けたほうがいいかも!」との事。

確かに、知っている人が見たらわかる内容ですし、ちょっと詳細載せすぎたかなと感じました。

どのくらい載せるのかは配慮が必要だと感じました!!

オンラインでの症例検討の方法

超絶注意点

野望!!

今回色々な方から反響があり、様々なアドバイスを頂けました!杉浦さんとアクティブ・ブレインセミナーでもお話ししたのですが、この形はwin-winとなるのではないかと感じました!

その為、これから、臨床での悩みを記事にして、Twitterや、個別での連絡を行い、まとめたものを

「明日から使える臨床ノート」

として、出していきたいと思います!出す方法は今検討中ですが、noteか、記事にしていきます!

新人さんや、実習で悩む学生さんの少しでもヒントになれればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。