未来を考える!!セラピストとしての今後の働き方!!

お疲れ様です!

ゴリポン@hara_taniです!

今回は理学療法士としての今後の働き方について考えてみました。

 

昨日、喜多さんのセミナーに参加し、その後穴田さんとご飯に行ってきました。

その際、セラピストが今後考える道について色々と赤裸々に話したので、その内容について考えていきたいと思います!

 

 

2018年2月14日(水):初学者でも安心!「パワーポイントでプレゼンテーション」セミナー!

 

※ここで学んだ内容は、今度、パワポで発表する際に投稿したいと思います!!

 

 

認定理学療法士について

 

ざっくり言うとこんな感じです!

詳細知りたい方はネットに記載されています。

http://www.japanpt.or.jp/upload/japanpt/obj/files/activity/news309/309_10.pdf#search=%27専門理学療法士+500単位%27

 

 

色々な意見がありますが、

自分的には結構な内容!

ハードルが上がるなああああ!!

 

と感じています。

自分周りでは、認定理学療法士についてどうするかの意見がチラホラ出ています。

 

そんな時周りの人から聞いた意見につぶやき・・

 

 

これに対し、セミナー発表者の穴田さんと食事しながら、お話ししました!

 

 

 

本当に色々と話をしました。

 

 

直接話した際に話題になったのは

  • 今がすごく取りやすい
  • 今後取りにくくなると持っていて有利
  • もし、持っていないと就職活動に活かせないとなると得るものはう〜んだが、マイナスはない
  • 職場での専門性としては持っていると優位なことがある(周りと同じような分野だとあまり意味がなくなるかも・・)

 

確かに取っていて無駄はない!(ただ、文句を言いながら取るのは何かな・・と感じる)

 

 

現状、セミナーを調べながら取るかどうかを検討中です・・

多分取りに行く予定です!

 

 

 

 

 

しかし、自分の10年後、20年後はどのように仕事をしているか、すごく疑問に思いませんか?

 

今のままで、仕事ができるのだろうか(身体的に、需要的に)

 

なんか不安の日々です。

 

そこにどう手を打っていくかが、今のセルフブランディングの鍵かなと思っています。

 

 

 

自分はまず、目下の者を追いかけずに、枠にとらわれない考えを意識したいと思いますが、

一旦枠の中の内容として自分なりに考えていました。

 

穴田さんにそのことを相談したら、自身の色々な経験談を語ってくれました。

 

 

セミナー運営について

今すぐ、セミナーをやりたいわけではありません!

 

 

ただ、さまざまなセミナーの運営者を見ていて、とても得るものは多いのではないかと感じています。

穴田さんは、自分より経験年数は低いんですが、

とても色々な経験をしていて、勉強になりました!

 

前に突き進んだ結果として、セミナー講師や、いろいろな人との出会い、職場や協会での仕事などの「穴田さんにしかできない」仕事のスキルをたくさん持っているんだと感じました。

 

 

 

セミナーをした時には、自分自身の行動もどんどん前に進むので、充実するし、多くの経験をするので、得られる報酬も大きいんだなを感じます。

Why、How、What!!常に意識する必要があると思います。

 

 

セラピストとしての立ち位置について

 

 

また、セラピストになるための動機として

  • セラピスト自身や働きを見て憧れて入った
  • セラピストの働く方法やメリットを考えて入った

 

ざっくり言うと2つのタイプがあって、前者しかあまり見てなかった自分にとって、後者である穴田さんは色々と違った観点があって面白いなと思いました!

理学療法士として、1人の患者さんに喜んでもらえるスキルや考え方を取得し、対1人に向けたアプローチのプロフェッショナルになる!

という考え方と、

 

一つの法人、施設・病院の中で、数十人、数百人のセラピストを管理し、全体の組織を回す経営のプロフェッショナルになる!

 

という考え方。

 

セラピストの仕事の可能性は無限大ですね。

 

 

まとめ

 

まだまだ答えを出すにはやるべきことをなしえていないので、悩む日々です・・

しかし、悩んだだけ、いろいろな経験をし、考えた分大きな報酬(お金だけではなく、経験や人脈)を得れるのではないかと思い、前に進みたいと思います。

 

 

以上です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。